今年の琵琶湖始め


おはようございます

最近更新ラッシュでございますw

これが継続できるように

なるべく仕事など手を抜いて頑張りたいと思います(オイ









タイトル通り

G・Wも明けまして

世間が仕事モードに戻ったのを見計らって

行ってきましたよ!琵琶湖へ!!

そんな訳で今回は採集日記ですので

予想通り面白くはありませんw

自分が来年以降、これらを読んで

活動計画を立てるための資料ですのでヾ(≧▽≦)ノ












そんな訳で過去数年分の記事を読み返し

おおよその計画を立て

昨日は琵琶湖でモロコ類をゲットしようと出かけたわけです











まずポイントに到着して釣り開始。

まだ暗いうちから続々と釣り人が集結しています

5月といっても早朝はまだ寒いですね

冬用の上着が必要です

それでも糸を垂れていると

コツコツアタリがありまして

釣り上げると・・






















R0018845.jpg

ビワヒガイですね^^

まだ婚姻色がハッキリしてません

痩せているのは越冬していた影響か



















このあと釣れてくるのはビワヒガイばかり・・

キレイな魚なんですけど

飼育していると混泳魚に悪さするのが多く

背中をつついて穴を開けたり

目玉をくりぬいてしまったり

混泳にはちょっと注意が必要なので

そのまま琵琶湖にお帰りいただきました

今日は午前中で帰りたかったので

釣りは諦め例のガサポイントへ・・

私のブログを読んでくださってる方にはお馴染みの

秘密の穴(シークレットホール)へw

そこは琵琶湖の神が私のために

毎回お土産を用意してくださるというミラクルな穴w

ひとたびそこへ網を入れると

琵琶湖の旬な魚がゲットできるという・・・w











今回もやってみました

するといくつかの2枚貝と一緒に・・・





















R0018846.jpg

ヤリタナゴですね

ちょっと暗いですけど婚姻色もばっちりです
















そして

















R0018852.jpg

出た!ホンモロコヾ(≧▽≦)ノ

今ぐらいの時期は産卵のため本湖から流入河川に入ってくると

いわれています

タモロコに似てますけど

実物を見ると一目瞭然

シュッとしてシャキッとしてカッコいいです

(拙い表現でご了承くださいm(__)m)

まあ今回のお持ち帰りはこれ1匹でしたけど

久しぶりに行けて楽しかったですヾ(≧▽≦)ノ
スポンサーサイト

今シーズン最後の採集行なのか?


こんばんは~



昨日ある人の手伝いをしてあげたら

お礼をされたので












「いえいえ、お安い御用ですよ





と言おうと思ったのに

なぜか言い間違えて





























「いえいえ、大きなお世話ですよ」

















と言ってしまい、人間関係を崩壊させそうになった

ねじねじです(-_-)

ニホンゴ、ムツカシイアルヨ・・・































そんな事はどうでもいいのですが(ホントにどうでもいい)












現在我が家で飼育しているヨシノボリは

採集可能な種はほぼ揃ってるような状況なのですが

1種類だけ今年採集してないのがいるんです

ヨシノ〇リLOVEの私としては

今シーズンの締めくくりにここは何とか押さえておきたいものです












そのヨッシーとは・・



















カワヨシノボリです












いわゆる「ど」が付く普通種なんですけど

せっかくなんでキレイな川に行って

釣ってこようと思い出かけました

今回のフィールドはこんなかんじ






























RIMG0224.jpg

石がゴロゴロしてて

水がきれいな上流域です











さっそく自家繁殖の熊太郎(ミミズ)を投入してみます

やはりだいぶ水温も下がってきたのか

夏場と違って四方から飛びついてくるといったことは

なくなりました

石の下を丁寧に探って

私のゴールドフィンガーテクで

小刻みに震わせてみると・・(以下自粛)












やっと食いついてくれました
























RIMG0221.jpg

カワヨシにしちゃ結構デカいなw

カワヨシは胸鰭の条数が他のヨッシーより

少ないのが特徴で昔から別種として分類されてきました

日本中どこでもいるんですけど

「日本固有種」なんですよヾ(≧▽≦)ノ

彼らが棲める環境を次世代に残したいものですね^^



















例によって数匹お持ち帰り用に選別して

帰る途中、こんな場所を見つけました

























RIMG0225.jpg

ここはハリヨの保護池らしいです















ハリヨってご存知ですか?

トゲウオの一種なんですが

岐阜県の西部の湧水池などに点在して棲息しています

滋賀県にもいるのですが

そちらの個体群は誰かが放流したイトヨと交雑してしまい

巨大化したモンスターといわれるハイブリッドが

ほとんどになってしまいました

本来遠く離れた場所でそれぞれの進化をした種なのに

残念な事ですね・・・


























で、早速池を覗いてみました

























RIMG0232.jpg

今は条例で採集。飼育が禁止されていますが

ン10年前に私は飼育していたことがあります

当時は冷凍アカムシとかなかったので

カニカマをあげてましたw

繁殖期の♂は赤いものに攻撃を仕掛ける習性があって

外を通る赤い車を追いかけたりしてましたw

昔は地元の人たちは味噌汁のダシに使ったそうですw

でも寿命が1年という事と

冷水を好む魚なので本来飼育には向いてません



















で、この池なんですが
























RIMG0228.jpg

池を横から見れるようにガラス張りの部分があるんですw

これは見ないわけにはいきませんね

早速下りてみましたよヾ(≧▽≦)ノ































RIMG0229.jpg

ガラスコケコケで何にも見えないアルヨ!!(>_<)




























仕方ないと諦めて帰ろうとしたその時































RIMG0236.jpg

なぜかブラシが1本・・・・


















見たきゃこれで擦れって事?


















水槽のコケ取りはいつもしてますから

ブラシを手に取るまで時間はかかりませんでしたww




























RIMG0237.jpg


コスコス・・





























コスコス・・・・・




































コスコス・・・・・





































シコシコ・・・・・・






























そしてとうとうこんな感じで・・



































努力が報われた気がしましたヾ(≧▽≦)ノ









川に行ったけどボウズだった話


おはようございます

私、会社から帰るとすぐに自営の工場を動かすんですが

ぼーっと機械を眺めてるこの時間に

記事を投稿したいと思います(仕事せーよ!)


















そうそう、6日の事なんですが

かれこれ1ヵ月以上川に行ってなくて

もう我慢の限界に達しておりましたところ

その日は台風が日本海側を通過中でして

だったら太平洋側だったらいけるんじゃね?

と思い立ち

家族の反対を押し切り

早朝から出かけてまいりました

紀伊半島へww





















ここでの第一目標はボウズです

別に何も捕れないという意味の

ボウズではありません


ましてや僧侶を採集しに来たわけでもありません(ナニガダ)



そうです、ボウズハゼですヾ(≧▽≦)ノ

ゲンチに着いて明るくなると

とってもいい天気
























RIMG0219.jpg

久しぶりに見たなこんな青空^^

で、生息地はこんな川です





























RIMG0214.jpg

コケを主食としてる魚なので

水が透明で石がゴロゴロしてるところが好きなんです

ボウズハゼの名前の由来ですが

頭が丸いからとか

植物性の餌を好むとか諸説あります

早速川に入ってみましょう
























ちょっと不鮮明ですけど

ボウズがいたのわかりますか?

さて採集方法ですが

通常ハゼは釣るのが一番手っ取り早いんです

が、ボウズは何せコケを食べてますから

餌釣りでは釣れません

すると網で捕るしかないのですが

彼らは非常に目がいい!

その上異常にすばしっこい!

まず目を合わすだけで大半が逃げていきます

ではどうするか?













私、過去数年のボウズ採集行で培ったノウハウを

ここで余すトコなくお伝えしようと思います!












まず網ですが

普通のタモ網では目のいい彼らには

すぐ見つかってしまいます

そこで役立つのがエビタモです

釣り具店に行けばだいたい置いてあります

直径20cmほどの網でピンポイントで攻めますw

通常よく行われるのは

隠れている石を動かして

驚いて出てきたところを下流に構えた網で掬うと

いう方法ですが

私はそんな卑怯な手は使いたくありません!(キッパリ)

ではどうするか?

答えはこうです









石の上で食事に夢中のボウズに

気づかれないように近づいて

背後から不意をついて奇襲をかける作戦です!

(そっちの方がヒキョーじゃねーか!)
















ま、とにかくやってみましょう

まず川に入って石の上にいるターゲットを探します

そしてそーっと網の届く距離まで詰めます

ここで8割方逃げられるんですが

中には気づかずに餌を食べてる奴がいます

こいつをロックオンしますw

相手がコケをモフモフしている間に

カタツムリくらいのスピードでゆ~っくり

息を殺して網を近づけます

やがて異変を感じてモフモフを止めることがあります

その時はこちらも動きを完全に止めます

するとしばらくしてモフモフを再開します

そしたらまた網を近づけていきます

そんな「だるまさんが転んだ」を数回繰り返すと

やがてターゲットの頭上5㎝ほどのところまで

網を近づけることができます

そしてここぞというタイミングで

そのまま一気にかぶせていきますが

逃げるであろう方向数センチ先に振り下ろすと

成績がよいようですw








言い忘れましたが周囲に人がいると

若干ハズいのであまり人がいない所でやりましょうw

あと本番前にヨシノボリ相手に練習すると

イメトレができるでしょうw
























そして私の成果ですが






















一昨年はわずか1匹

去年は3匹だったのに対し

今年は






























RIMG0218.jpg

わかりにくいな・・・・

5匹ゲットいたしましたヾ(≧▽≦)ノ















それにして久しぶりの川遊びは楽しすぎますね~

気がつけば10時間ぶっ通しで浸かってましたww






















R0017029.jpg

まだまだ課題は多くて

成魚が捕りたいんですが超難しいんですよね~

来年までに作戦を練らねばww

今日は地元


こんばんは~

まさかの連投ねじねじです

もう書ける時に書いておかないとねw






そういえば最近巷で流行ってますよね

ポケモンGO

ウチの嫁もハマってまして

毎日あちこちウロウロ歩き回っていますw

でもふと思ったんですけど

川へ行ってターゲットの魚を採集して

水槽で育成している私と

やってることはほぼ同じじゃないかとww























そんな事は置いときまして

今回からしばらく地元で採集をしてみようと思います

去る7月18日の事です

やっぱ移動距離が短いって楽ですよねヾ(≧▽≦)ノ

今回の目的はデメモロコです

しかも濃尾型と言われて

琵琶湖のものとは形質的に異なるとされる

モロコを採集したいと思います

ところがこれがなかなかレアな魚でして

県内でもごく限られた場所でしか生息していません

特に綺麗な水にいるわけではないですし

デリケートな魚でもないのですが

外来魚や人間の住む近くにいるという事で

棲息環境が危ぶまれているんでしょうかね












幸いにも私は毎年この魚を釣っています

本当は他の魚を狙ってるのですが

ゲストフィッシュとして時々釣れてきます

そして今回も



























R0018122.jpg

無事釣れました^^

やはり顔を見ると安心しますね^^

パッと見イトモロコにも似ています

実際私はずっとイトモロコだと思ってましたw

名前ほど目が大きいわけでもありません

むしろスゴモロコなんかより小さく見えます

今回1匹しか釣れなかったので

お帰りいただきまして

時間もあったので

近くの水路をガサガサ・・・

すると





























R0018125.jpg

これってあれじゃないですか?

(あれって何だ?)

トウカイヨシノボリじゃないですかね?

それとも移入種のシマヒレヨシノボリか?

まだ小さいので断定がしにくいです

































R0018127.jpg

数は結構捕れたので

数匹持ち帰り

現在ブライン沸かせて育成中です
























ちなみに今日

その水路を通りがかったら

田んぼの害虫対策でしょうか

水が全部抜かれていて

メダカやらザリガニやらが干からびておりました

毎年繰り返されている事なのでしょうが

どうやってヨッシー達は世代交代してるんでしょうね

過酷な環境で頑張ってるんだなあと思いました

今日も琵琶湖


こんばんは

お久しぶりですヾ(≧▽≦)ノ

最近バタバタと忙しくて採集ネタが溜まってしまいました

内容的にはいつも一緒なんですけど

毎年コツコツと記録に残しておく事で

今後の日淡活動(なんじゃそりゃ?)に

役立てる事ができるので

ほぼ自己満ですが今日も採集日記ですw


















去る7月11日(随分前だな(>_<)

ビワヨシノボリを採集しに行ってまいりました













ビワヨシに関しては今年は何か調子悪くて

これまでまともに採集できていません(>_<)

あまり遅くなるとオウミヨシノボリが産卵期を迎え

ビワヨシたちは湖岸から姿を消してしまいます

その前に何とかゲットしておきたいと思い

琵琶湖の手前側の湖岸で採集です

本当は私の鉄板ポイントが対岸にありまして

そちらに行けば捕れるのでしょうが

対岸と言っても相手は琵琶湖ですw

車で行ってもそこそこ遠いのです(>_<)

それでなくてもハイブリッド車なのに毎週給油する私。

これ以上やると採集禁止令が出そうです(>_<)

できたら近場で捕れればそれに越した事はありません


















いつも以上に気合いを入れて採集した結果



























R0017970.jpg

捕れましたけど

♀が2匹だけ(T_T)





















10分ほど悩んだ挙句





















決意しました























対岸行きをww



























途中いつもの秘密の穴(Secret Hole)へw

ここはその時の旬の魚が捕れますw

今回はこちら































R0017979.jpg

びわ湖だけに

ビワナマとかイワトコだと嬉しいんですが

普通のマナマズですね^^




















そして目的地へ・・・






















さっそくガサガサ・・・

























すると・・


























R0017980.jpg

やっぱりいましたねヾ(≧▽≦)ノ

何回も来るなら最初からここ1回にしときゃいいのにw

そんなわけで現在の我が家の水槽の様子









































R0018003.jpg

琵琶湖の魚全般に言えるのですが

結構スレに弱く、白点が出やすいので

トリートメントは必須です

このビワヨシですが

飼育しているうちに第2背びれや胸ビレが

伸びてくるんですよ

ちなみに去年から飼育している個体


































R0017268.jpg

中にはこの子よりももっとヒレが伸びてる子もいます

嫁いわくベタみたいだと

なるほどマウスブルードベタみたいな印象もありますね

また飼いたいなヾ(≧▽≦)ノ























とりあえず前半の琵琶湖行きはこれで終了です

後半はカネヒラからスタートです

(もうすぐじゃないかww)





餌をあげよう
メダカ観察ノート
プロフィール

ねじねじ

Author:ねじねじ

お魚神経衰弱

お魚漢字検定/中級編

お魚漢字検定/上級編

鯉と金魚に餌をあげよう

クリックでエサをあげられます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
最新コメント
最新記事
癒しのアクアリウム&室内ペット系の 最新ブログ
お日様大好き   アウトドアラテン系の最新ブログ
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: