痛い話


おはようございます

なんか急に寒くなってきましたね

体調を崩しやすい季節ですので

お気を付けくださいm(__)m


















さて、今日は私の母の話なんですけど

1ヵ月ほど前ですが

何かの拍子に背中を痛めてしまい

歩くのも困難な状態になってしまいました

で、近所に痛み外来をやってる病院があって

そこで調べてもらったところ

圧迫骨折という診断をされました




圧迫骨折というのは

骨粗鬆症などが原因で

何らかの拍子に背骨のひとつがグシャッとつぶれて

骨折してしまうという

書いてる私でさえ想像するとのけぞりたくなるような

ケガの1種です





でも結局はつぶれた骨が固まるまで

痛み止めの注射で乗り切りましょうという方針で

やってきたのですが

それでも痛みが治まらず寝るのもしんどいという事で

私も何とかいい方法がないかと思っていたところ

知人が同じ骨折を手術で治したという話を聞いて

藁をもすがる思いでその方が手術を受けた

名古屋にある整形専門の病院を受診しました





で、その結果手術してもらえることになりました

その手術が最新の技術らしくて

つぶれた背骨に風船を入れて膨らませ

その空いた空間にセメントを入れて成型するという


















その名も
























経皮的バルーン椎体形成術






















バルーン・カイフォプラスティー

















略して







































B・K・B




BKB11.jpg

バイク・川崎・バイク










































間違えた


























B・K・Pでした






















手術は全身麻酔ですが

ほんの10分で済み

傷口も1センチほどと患者の負担も軽いものでした

医学の進歩ってすごいですね!

そんなわけで先週退院してきまして

徐々に楽になってきてるようです





















まあ今回は痛い話だったわけですが

私の痛い経験ワースト3をここで紹介したいと思います



















まず第3位は

ずばり尿路結石です(>_<)
















何回かやってるんですが

一番最近出た石は腎臓を出発してから

体外に排出されるまで半年かかりました(>_<)

キ〇タ〇を蹴られたような疝痛と

背中に走る鈍痛が特徴ですw

レントゲンを撮るとまだ腎臓内に

4個の石が出航待ちの状態らしいです(>_<)


























そして第2位は・・・















エイに刺されて手のひらを貫通!















ショック死する人もいるらしいと

下手に魚の知識があったために

さすがに死を意識しました




























そして栄えある第1位は・・


















幼稚園の頃

飛び降りた鉄製のブランコが戻ってきて

弁慶の泣き所をカーンと直撃!!























思い出しても体がよじれそうになりますw

なんとか骨にひびが入っただけで済みました














まあ女性の出産とかに比べたら

こんなものまだまだかもしれませんけどね

せっかくなので貴方の痛かった話

教えていただけませんか?

みんなで痛みを分かち合いましょうww






スポンサーサイト

今シーズン最後の採集行なのか?


こんばんは~



昨日ある人の手伝いをしてあげたら

お礼をされたので












「いえいえ、お安い御用ですよ





と言おうと思ったのに

なぜか言い間違えて





























「いえいえ、大きなお世話ですよ」

















と言ってしまい、人間関係を崩壊させそうになった

ねじねじです(-_-)

ニホンゴ、ムツカシイアルヨ・・・































そんな事はどうでもいいのですが(ホントにどうでもいい)












現在我が家で飼育しているヨシノボリは

採集可能な種はほぼ揃ってるような状況なのですが

1種類だけ今年採集してないのがいるんです

ヨシノ〇リLOVEの私としては

今シーズンの締めくくりにここは何とか押さえておきたいものです












そのヨッシーとは・・



















カワヨシノボリです












いわゆる「ど」が付く普通種なんですけど

せっかくなんでキレイな川に行って

釣ってこようと思い出かけました

今回のフィールドはこんなかんじ






























RIMG0224.jpg

石がゴロゴロしてて

水がきれいな上流域です











さっそく自家繁殖の熊太郎(ミミズ)を投入してみます

やはりだいぶ水温も下がってきたのか

夏場と違って四方から飛びついてくるといったことは

なくなりました

石の下を丁寧に探って

私のゴールドフィンガーテクで

小刻みに震わせてみると・・(以下自粛)












やっと食いついてくれました
























RIMG0221.jpg

カワヨシにしちゃ結構デカいなw

カワヨシは胸鰭の条数が他のヨッシーより

少ないのが特徴で昔から別種として分類されてきました

日本中どこでもいるんですけど

「日本固有種」なんですよヾ(≧▽≦)ノ

彼らが棲める環境を次世代に残したいものですね^^



















例によって数匹お持ち帰り用に選別して

帰る途中、こんな場所を見つけました

























RIMG0225.jpg

ここはハリヨの保護池らしいです















ハリヨってご存知ですか?

トゲウオの一種なんですが

岐阜県の西部の湧水池などに点在して棲息しています

滋賀県にもいるのですが

そちらの個体群は誰かが放流したイトヨと交雑してしまい

巨大化したモンスターといわれるハイブリッドが

ほとんどになってしまいました

本来遠く離れた場所でそれぞれの進化をした種なのに

残念な事ですね・・・


























で、早速池を覗いてみました

























RIMG0232.jpg

今は条例で採集。飼育が禁止されていますが

ン10年前に私は飼育していたことがあります

当時は冷凍アカムシとかなかったので

カニカマをあげてましたw

繁殖期の♂は赤いものに攻撃を仕掛ける習性があって

外を通る赤い車を追いかけたりしてましたw

昔は地元の人たちは味噌汁のダシに使ったそうですw

でも寿命が1年という事と

冷水を好む魚なので本来飼育には向いてません



















で、この池なんですが
























RIMG0228.jpg

池を横から見れるようにガラス張りの部分があるんですw

これは見ないわけにはいきませんね

早速下りてみましたよヾ(≧▽≦)ノ































RIMG0229.jpg

ガラスコケコケで何にも見えないアルヨ!!(>_<)




























仕方ないと諦めて帰ろうとしたその時































RIMG0236.jpg

なぜかブラシが1本・・・・


















見たきゃこれで擦れって事?


















水槽のコケ取りはいつもしてますから

ブラシを手に取るまで時間はかかりませんでしたww




























RIMG0237.jpg


コスコス・・





























コスコス・・・・・




































コスコス・・・・・





































シコシコ・・・・・・






























そしてとうとうこんな感じで・・



































努力が報われた気がしましたヾ(≧▽≦)ノ









川に行ったけどボウズだった話


おはようございます

私、会社から帰るとすぐに自営の工場を動かすんですが

ぼーっと機械を眺めてるこの時間に

記事を投稿したいと思います(仕事せーよ!)


















そうそう、6日の事なんですが

かれこれ1ヵ月以上川に行ってなくて

もう我慢の限界に達しておりましたところ

その日は台風が日本海側を通過中でして

だったら太平洋側だったらいけるんじゃね?

と思い立ち

家族の反対を押し切り

早朝から出かけてまいりました

紀伊半島へww





















ここでの第一目標はボウズです

別に何も捕れないという意味の

ボウズではありません


ましてや僧侶を採集しに来たわけでもありません(ナニガダ)



そうです、ボウズハゼですヾ(≧▽≦)ノ

ゲンチに着いて明るくなると

とってもいい天気
























RIMG0219.jpg

久しぶりに見たなこんな青空^^

で、生息地はこんな川です





























RIMG0214.jpg

コケを主食としてる魚なので

水が透明で石がゴロゴロしてるところが好きなんです

ボウズハゼの名前の由来ですが

頭が丸いからとか

植物性の餌を好むとか諸説あります

早速川に入ってみましょう
























ちょっと不鮮明ですけど

ボウズがいたのわかりますか?

さて採集方法ですが

通常ハゼは釣るのが一番手っ取り早いんです

が、ボウズは何せコケを食べてますから

餌釣りでは釣れません

すると網で捕るしかないのですが

彼らは非常に目がいい!

その上異常にすばしっこい!

まず目を合わすだけで大半が逃げていきます

ではどうするか?













私、過去数年のボウズ採集行で培ったノウハウを

ここで余すトコなくお伝えしようと思います!












まず網ですが

普通のタモ網では目のいい彼らには

すぐ見つかってしまいます

そこで役立つのがエビタモです

釣り具店に行けばだいたい置いてあります

直径20cmほどの網でピンポイントで攻めますw

通常よく行われるのは

隠れている石を動かして

驚いて出てきたところを下流に構えた網で掬うと

いう方法ですが

私はそんな卑怯な手は使いたくありません!(キッパリ)

ではどうするか?

答えはこうです









石の上で食事に夢中のボウズに

気づかれないように近づいて

背後から不意をついて奇襲をかける作戦です!

(そっちの方がヒキョーじゃねーか!)
















ま、とにかくやってみましょう

まず川に入って石の上にいるターゲットを探します

そしてそーっと網の届く距離まで詰めます

ここで8割方逃げられるんですが

中には気づかずに餌を食べてる奴がいます

こいつをロックオンしますw

相手がコケをモフモフしている間に

カタツムリくらいのスピードでゆ~っくり

息を殺して網を近づけます

やがて異変を感じてモフモフを止めることがあります

その時はこちらも動きを完全に止めます

するとしばらくしてモフモフを再開します

そしたらまた網を近づけていきます

そんな「だるまさんが転んだ」を数回繰り返すと

やがてターゲットの頭上5㎝ほどのところまで

網を近づけることができます

そしてここぞというタイミングで

そのまま一気にかぶせていきますが

逃げるであろう方向数センチ先に振り下ろすと

成績がよいようですw








言い忘れましたが周囲に人がいると

若干ハズいのであまり人がいない所でやりましょうw

あと本番前にヨシノボリ相手に練習すると

イメトレができるでしょうw
























そして私の成果ですが






















一昨年はわずか1匹

去年は3匹だったのに対し

今年は






























RIMG0218.jpg

わかりにくいな・・・・

5匹ゲットいたしましたヾ(≧▽≦)ノ















それにして久しぶりの川遊びは楽しすぎますね~

気がつけば10時間ぶっ通しで浸かってましたww






















R0017029.jpg

まだまだ課題は多くて

成魚が捕りたいんですが超難しいんですよね~

来年までに作戦を練らねばww

1ヵ月ぶりの・・


こんばんは~

私の事覚えてますか???

お久しぶりでございますm(__)m

冒頭から言わせていただいていいですか?
















何ナンすか!9月の天気














全く採集に行けてません

仕事も忙しかったですし

家庭の事情も色々とありましたけど

フラストレーションが溜まりまくってます

1年のうちで一番充実するハズのこの時期

10月になれば大丈夫だろうと

お気楽に考えていたところ

この台風ですよ















神様!どうか














私を川に連れてって!!!




♪恋人はサンタクロ~ス

セリカGT-FOUR 泣けますよね~

知世ちゃん永遠のアイドルっすヾ(≧▽≦)ノ


















話がだいぶそれましたが(いつもの事)

ここは日淡の話題から離れまして

我が家で飼ってる魚以外のペットを紹介します















こちら















R0016586.jpg

ヒョウモントカゲモドキです

品種名はスーパーマックスノーエニグマといいます

ソリッドアイと言って

瞳が真っ黒なのがチャームポイントです^^

(一般的にはヘビみたいな細い瞳が多い)

名前もありますよ

「れおぱ2号」と言いますw

お察しの通り1号もいます















正確にはいました(過去形)

今年の春に残念ながら亡くなってしまいました

エニグマ遺伝子というのは

表現が多彩で面白い模様が出やすいのですが

反面、先天性の神経障害を持つ個体が出やすいという

リスクも高いとされています

1号も数年は元気でしたが

色々と症状が出て餌が摂れずに亡くなってしまいました

爬虫類は生命力が強いので

餌が摂れなくても長期間生きていられるので

飼い主としてはちょっと辛いものもあります


しばらくは私も凹んでましたが

ハチュ友がまた生まれた子を譲ってくださる事になり

お迎えに行ってきました


















いつものように爬虫類ルームにお邪魔しますと
















R0018278.jpg

来る度にケースと生体が増えてるような・・



















早速ここの主にご挨拶




















R0018274.jpg

マジ食われそう

シャーッとか言ってるし・・


























あ、そうそう

ナメハダタマオヤモリが繁殖したんだそうです

こちらがその























サメハダ・・じゃなくて






















ナメタマ・・(以下自粛)





























ナメハダタマオヤモリです














R0018273.jpg

このデフォルメ感がたまりませんw

こちらはお母さんです

そしてbabyちゃんがこちら

























R0018270.jpg

あんま変わんない??

ホントちっちゃくてかわいいんですよ




































そして今回お迎えしたのがこちら





















R0018289.jpg

ヒョウモントカゲモドキ

”ラプター”です

恐竜みたいでカッコいい名前でしょ?w

R ルビーアイ(瞳の色)

A アルビノ

P パターンレス(模様がない)

T トレンパー(作出したブリーダーの名前)

OR オレンジ(体色)

でRAPTORなんだそうです


カメラマンの腕が悪いのでアレですが

吸い込まれそうな神秘的な瞳が魅力です



名前も今回はれおぱ3号なんて付けませんよ

家族会議の結果、

命名「ライト」になりました

理由は私が付けたんじゃないのでわかりませんw

頑張って大きく育てようと思います^^


餌をあげよう
メダカ観察ノート
プロフィール

ねじねじ

Author:ねじねじ

お魚神経衰弱

お魚漢字検定/中級編

お魚漢字検定/上級編

鯉と金魚に餌をあげよう

クリックでエサをあげられます

カレンダー
08 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
最新コメント
最新記事
癒しのアクアリウム&室内ペット系の 最新ブログ
お日様大好き   アウトドアラテン系の最新ブログ
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: