かさね写真


おはようございます

お盆休みも始まりましたね

のんびり五輪観戦という方もおられるのでしょうね

私はいつものように仕事ですが・・(T_T)

それでも昨日は通常の休みでして

愛知県にある明治村に行ってきましたよ











ここはご存じのとおり

明治時代の建物がたくさんあります





















R0018188.jpg

西郷隆盛の弟

西郷従道の邸宅です

もちろん本物です



















R0018190.jpg

夏目漱石や森鴎外が住んでいた住宅

もちろん縁側には















R0018191.jpg

吾輩も寝ていますw

















そしてこちら



















R0018197.jpg

学習院長官舎

ここで今行われているのが
























R0018198.jpg

かさね写真の幽霊

早い話がお化け屋敷ですね

私、この手のもの大の苦手なんですが

成り行き上入ることに・・・

























ところでかさね写真とは何ぞや?


























かさね写真とは...

別人の顔写真を何枚も重ね撮りすると出来上がる

最大公約数的な写真を「かさね写真」と言い、

明治時代後期に流行しました。

犯罪を未然に防ぐ研究として

犯罪者の「かさね写真」を作り、

犯罪を起こす傾向のある顔つきとして

公開されることもありました。






















でもってストーリーはこんなかんじ





















時は、「かさね写真」が流行した明治時代後期。

お累という、自分の容姿にあまり自信のない女がいました。

やがて彼女は、新五郎という男と結婚します。

けれどそれは、お累の持つ田畑が目当てで、

新五郎はたちまち他の女と交際しはじめ、

やがて家に帰らなくなりました。

お累は女の家に行き、「夫を出して!」

と懇願しますが女は取り合おうとしません。

やがて二人は激しい口論になり、

揉み合っているうちに、

不運にも落ちていた包丁が相手の女に刺さり、

女は死んでしまいました。


取り調べが始まると、

警察はあることに気づきます。

それは、お累の顔が犯罪者の「かさね写真」に

そっくりだということです。

お累が犯人に間違いない

と思った警察は、

厳しい取り調べに入ります。

「私はやっておりません……」

「私はやっておりません……」

「私はやって……おりませ…ん……」

尋問に耐え切れなくなったお累は、

とうとう偽の自白をしてしまいます。

その顔のために

人殺しに仕立て上げられたお累は、

神経を病み、

夫を恨みながら

監獄の中で自ら命を絶ってしまいました。

(公式サイトより
パクり引用)































そんな訳で前のお客さんの悲鳴が聞こえる中

行ってきましたよ
























感想ですか?


























是非会場に足をお運びください





























帰りに靴の中にこんなものが・・・


























R0018215.jpg


いや~~~っ!!!








































































さて、話を明治村に戻しましょう

呉羽座という演芸場がありまして

国の文化財らしいです

中に入れます






































R0018204.jpg

升席というのに初めて座りました

プライベートスペースが確保されていて

なかなか快適ですね^^

ここでは本格的なマジックショーを見学しました
































で、日も暮れて
































R0018209.jpg

野外でジャズコンサートなんか行われまして

やがて



































カウントダウンとともに花火が上がりました^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは〜♫

私も お盆休みも何にもな〜いです(T . T)
ユニバの前を通るの嫌い❗️

え、縁側大好き❗️
こんな家に住みたかった〜
ほほっ 素敵なおばけ屋敷みたいですね
ちなみに、いただいた手紙ってどうするんですか
捨てる❓保管❓どちらも怖い( ̄◇ ̄;)

No title

こんにちは~
休日をエンジョイしてますね!
いつも背後に居らるお嬢さんは奥さんかな・・・えっ?
お累さんって名前なんですか、へ…へぇ…

と…ホラー要素はそこそこに(;´・ω・`)

>吾輩も寝ていますw
これが、かの有名な吾輩にゃんこですか
原作も読んだ事が有りますが、最期は割とアッサリしていて猫らしい独特の死生観だったとボンヤリと覚えております

No title

 かさね写真
 水槽持ちの顔を重ねたら・・・どんな顔が現れるんでしょう?
 靴の中のお手紙、面白い趣向ですね
 賛否分かれそうww

 ねじねじさん、夏を楽しんでますね!

五右衛門風呂はデンジャラス

アクアリストとしてはまずはタイトルを「かさご写真」と空目したことを仮眠具アウトしておきまするんるん♪

夏目さんや森さんが住んでた家は、瓦屋根と縁側のフンイキがワタシが8歳まで住んでた家にクリソツです。
ちなみにその家、お風呂は薪で沸かす五右衛門風呂でした。
まーるい板の中央にうまいこと乗って板を沈めないと、石でできた浴槽の底に足を付いてヤケドをしてしまうという恐るべきデンジャラス風呂でございました。
五右衛門風呂に下駄を履いて入る人もいたみたいですが、江東区深川千石町の下町ではそげな軟弱な真似が許されるわけもなく...

ところで、漱石や鴎外で思い出したけど、拙宅は大田区の「馬込文士村」という散策コースの中にあるので、今日みたいな土日祝祭日にはパンフレット片手に散策中の熟年夫婦をよく見かけます。
もちろん拙宅にも「銀次郎」という名前の我輩が居るのは言うまでもなく...

ところで2、「かさね写真」の逸話は夏向きでベリーグーですね。
靴の中に入ってた紙に書かれている文字は、情の深いオナゴシを想像させるなかなかのナニだと思います。
今月号のアクアライフの「リバーとトゥギャザー」にゲスト出演してた熱帯魚&水草問屋にお勤めの「高橋華恵さん」もなかなか情の深そうなオナゴシだなあと小一時間...
写真は某所に上げておきました。(オイ)

No title

明治村行きはねじねじさんのとって毎年恒例の行事なんですね。ジャズコンサートが第一の目的でしたっけ?
花火も暑さ吹き飛びますね~(^-^)

ペット好きパパ さん

この家はなかなか住み心地よさそうでしたよ
落ち着いて執筆活動できたでしょうね
やっぱり日本人は畳がいいですね~ヾ(≧▽≦)ノ

お化け屋敷でもらった手紙ですが
パパさん宅にお送りしようかと・・w


シープネスさん

シープネスさんにはそんな能力があるのかと
読みながら鳥肌立ちまくりでしたよ(>_<)

もうひとつ、シープネスさんのイメージですが
文章力と溢れる知識から察するに
本をたくさん読んでおられる方かな?
と想像しております^^

のっけうしさん

あははは~ヾ(≧▽≦)ノ
アクアリストの顔を重ねていったら
どんな顔になるんでしょう
すごい興味が沸いてきましたww
それにしても顔で犯罪を犯しそうな人を決めるって
今ではちょっと考えられないですね・・・

吟じろさん

五右衛門風呂って博物館みたいなトコで
見た事はありますが
まさか実際に入られた経験がおありとは^^
で、夏目さんのお家ですが
ひょっとして移築前は吟じろ邸のご近所にあったんですかね?
なるほどそんな土地柄だから現在の文豪
吟じろさんが住んでおられるんですね

リバーとトゥギャザー
早速某所にてチェックさせていただきましたw
このお化け屋敷、少々ネタばらししますと
死体が横たわっている狭い部屋がありまして
その死体の枕元を歩いていかねばならないのですが
こんなお姉さんだったら
一緒に横たわってもいいかなと・・(以下自粛)

みいさん

そうですね
こちらかリトルワールドかどちらかに行ってます
理由はチケットの割引があるからww
ちなみに明治村は浴衣で行くと
通常¥1700の入村料が¥500になります

No title

私も怖い話は大の苦手です(^_^;)

しかし

「不運にも落ちていた包丁が相手の女に刺さり」

まず包丁は落ちてないですよね?w

そして落ちてても刺さらないですよねw

しかも死ぬような箇所にw

設定が甘いのがせめてもの救いですが、その靴の中のは手が込んでますねー、本当涙目になりそうですw

川春さん

あんまり深く考えてませんでしたが
確かに言われてみるとありえない話ですねww
相手が持ち出した包丁を取り上げようと
もみ合いになり・・とか
もうちょっとありそうな設定にした方がいいですよねw

もらった手紙、まだ捨てられずにいるんですが
どうしましょう?(^^;)

こんばんは、

そう言えば私・・・・・
十数年前に岐阜県に行った事があります。
ライン下りをして明治村にも行きました。
汽車で帝国ホテル方面に行きぶらぶら歩いて帰ってきたような・・・・・

当時もいろんな催しがあったのでしょうか?

長良川国際会議場の庭にあった大きな石の球体が水の力で浮いて回っていたのにはびっくりしたことを思い出しました。
今も浮いているのでしょうか???




hanaさん

何と!こちらにいらっしゃってたとは!
逆にその頃は私は岐阜にいなかったんですが(オイ)

帝国ホテルに汽車で行ったのは
間違いなく明治村ですね^^
今はもうやってないんですが
明治生まれの方は入場無料だったんですよ^^

長良川国際会議場もご存じとは!
この前ミスチル観に行った会場です
あの石の球体はたぶん今もあると思いますよ
正確には隣の岐阜メモリアルセンターだったと思います

またよろしければこちらにいらしてください
その時は一緒に水槽に貼りつきましょうヾ(≧▽≦)ノ

餌をあげよう
メダカ観察ノート
プロフィール

ねじねじ

Author:ねじねじ

お魚神経衰弱

お魚漢字検定/中級編

お魚漢字検定/上級編

鯉と金魚に餌をあげよう

クリックでエサをあげられます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
最新コメント
最新記事
癒しのアクアリウム&室内ペット系の 最新ブログ
お日様大好き   アウトドアラテン系の最新ブログ
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: